商標登録の期間はどのくらい?

Just another WordPress site - 商標登録の期間はどのくらい?

商標登録の期間はどのくらい?

erse
商標についても、企業はもちろん個人でも関心も高まっているようにも思えます。ネットを見ても、商標に関する記事もふえていたり、申請した件数も増えていたりするからです。
とはいっても、まだまだよくわからないなんて人も多いのもあるので、ここで商標についてみていきましょう。

商標とは

商標とは、そもそも商品名であったり
商品販売やサービスをしてくれる企業やお店を判断するものとしてでています。よくあるのは、ロゴになっていたり、マークになっていたりします。マクドナルドのマークやソフトバンクのマークからGoogleの文字など探せば、毎日何かしらの商標は私たちは、見ているのです。
また商標を見て、その企業のものを買ったり、サービスを受けたりします。信頼する稼働かを判断しているとも言えますし、またファンになっていて購入したくなることもあります。
こうしてみると、商標がどれだけ私たちの回りにはあるのかもわかりますし、私たちの購買にも大きく影響していることがわかるでしょう。

商標は企業の命綱

そんな商標は企業にとっては命綱とも言えます。たとえば、その企業のメインの商品の名前が商標登録されていなくて、他の企業が登録すると販売できなくなったりします。そうなると売り上げにも影響して、企業の存続も危ぶまれます。
また企業の商号も商標登録できます。ときには近い地域や営業範囲が同じだと、商号がダブルとそれだけ売り上げにも影響することも予想されますし、トラブルになることも予想されます。
ときには先に使っていたにもかかわらず、商号をやむを得ず変えざるを得ないケースもあるのです。
こんなこともあるのですから、商標は企業の命綱とも言えるのです。

商標は早い者勝ち

先にも書いたように先に使っていても、登録をしていないと負けるケースがあり、結局は早い者勝ちといえるのです。ですので、起業したときや、新しい商品を出したときには速やかに申請をしましょう。
なお申請をしても半年近く、結果はがでるまでに時間もかかることもあります。
なので提出前には似たようなものがないかなど、事前に知っておいた方がいいのです。特許庁のサイトなどでしらべることができます。
なお登録申請をして、登録が許可されると登録料のしはらいをしなければなりません。それはたとえば前期後期というような分割払いが可能です。支払いをすると有効になり、商標が権利を持つこととなります。
その権利の効果の期間は、10年となっています。よって10年たてばふたたび更新となり、またお金を支払いしなければなりません。その場合の費用は、10年分の場合には48500円×区分数となっておりまふす。5年分の場合には、28300円×区分数となっています。
区分数とは、商標は、その種類によって区分が別れます。その商標の数を示しています。数が多いほど費用はかかる仕組みとなっています。
あと更新も終了する半年前から更新申請ができるようになっています。万が一過ぎても半年以内ならば、割り増しの料金がかかりますが、更新の申請ができます。それをすることで、更新されて権利を行使できるようになるのです。

商標は永久的に

商標の期間は10年となっていますが、更新をつづけていけば永久的に使えることとなります。商号や屋号であれば、商売を続蹴る限り更新となルはずです。商品やサービスの場合には、それを提供し続ける限りとなるでしょう。
販売戦略も考えながら、更新を続けていきましょう。

【PR】商標登録~海特許事務所~

新着情報

◆2016/08/31
商標登録の期間はどのくらい?の情報を更新しました。
◆2016/08/25
商標登録は個人でもできるのかを新規投稿しました。
◆2016/08/25
プロフィール情報を新規投稿しました。
◆2016/08/25
商標登録とそれにより発生する権利とはの情報を更新しました。
◆2016/08/25
商標の売買や譲渡をしてみようの情報を更新しました。